今日もガクリ('A`)
きっと明日もまたガクリ?('A`)
2017 / 10
« «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
archive for the ‘Bluetooth’ category
Bluetooth Dongle(ドングル) 購入

以前に、SoftBank 912T を使用して音楽連続再生テストを実施しようとしましたが、 ハードウェア/ソフトウェア環境が整ったので実施したいと思います。携帯電話から、音楽を Bluetooth で飛ばして PC で 再生するというテストだったんですが、テストに使用した Bluetooth ドングル/スタック が駄目 [*1] で、 新しい Bluetooth USB ドングル/スタック を購入しました

新しく購入した Bluetooth USB ドングル/スタック は Jabra A320s で、ドングルは実績、信頼性に定評のある Broadcom 製。 スタックは勿論 WIDCOMM 製。Broadcom + WIDCOMM の組み合わせは素晴らしい。 今までろくに動作しなかったオーディオ関係のプロファイル [*2] が動きます(動いて当たり前なんだが…)

購入時の値段は ¥6,400- と通常のドングルとは値段が約3倍ありますが、それに見合う機能と性能はあります。 日本の店頭で購入できる唯一の Bluetooth 2.0 EDR/Class1 完全サポート [*3] + Broadcom/WIDCOMM 製品なので迷わずコレにしました。 Broadcom/WIDCOMM 製品は日本ではあまり知られていないが、海外では定評のある製品です


  • [*1] この時に使用した Bluetooth USB ドングルは Cambridge Silicon Radio 製。スタックが BlueSoleil
  • [*2] A2DP と AVRCP の二つ。特に A2DP がロクに動かなかったのが致命的
  • [*3] ハードウェア的にサポートしてもスタックがサポートしていない、または、ロクに動かなければ詐欺というモノです

  • Bluetooth
    日本語のウィキペディアより、英語の方がより詳しく解説されています

  • Broadcom
    移動体通信を中心に製品を OEM/エンドユーザーに提供している企業。海外では結構評判らしい

  • WIDCOMM
    Bluetooth ソフトウェア、システム製品を幅広く提供していた企業。2004年 4月に Broadcom に買収され、 結果、Broadcom は今までの移動体通信事業に加え、Bluetooth 市場におけるシステム構築の技術力を獲得しました。 WIDCOMM の名称は今でも、Bluetooth USB ドングルに添付される Bluetooth スタックに WIDCOMM Bluetooth Software として 付いています

  • Jabra
    ヘッドセットの世界ではかなりのシェアを誇っているらしいが…知らなかったな

Bluetoothno commentsno trackbacks(3,980)
Bluetooth Protocol stack (プロトコル スタック) について…

Bluetooth の カテゴリを作っておいて、Bluetooth の 事について触れてなかった…名前の由来、開発の歴史、 プロファイルの概要などは日本のウィキペディアを 読めば解るが、日本のはその部分しか記述しておらず、具体的な情報などは記述されてません

そこで、PC の USB ポートに差して使う USB ドングル/スタックについて書いていこうかと思います。 日本では Bluetooth アダプターと呼んでいる様ですが、正確には Bluetooth Dongle (ブルゥートゥース ドングル) といいます。 Dongle と切っても切り離せない存在なのが、 Bluetooth Protocol stack (ブルゥートゥース プロトコロルスタック) です

Dongle の Protocol stack は ユーザーインターフェイス(UI) を持つソフトウェアとして、実際にユーザーが操作するので、 Dongle と Protocol stack は別モノと誤解しがちですが、これらは一心同体です。なので、一つの Protocol stack で 複数の Dongle を操作するということはできません

Dongle を購入する場合、機能のほとんどは Protocol stack に依存するので、購入する場合は Protocol stack の性能を 重視した方がいいですが、日本市場における Dongle の製品ウェブページを見ていると、どの Protocol stack を採用しているかなどの 情報がほとんどないのが現状。恐らく、大多数のユーザーがハード面の性能しか重視しないのが原因なのでしょう

そこで、一通りの Protocol stack を使って見た限りの特徴や問題点を書いていきたいと思います

  • Microsoft Windows
    Windows XP SP2 で標準サポートされている Protocol stack. 標準サポートされているので、Dongle を USB ポートに差すと 勝手にセットアップされる。必要最低限の機能しかなく、使えない

  • WIDCOMM
    日本市場ではほとんど採用されてないが、世界では最も採用されている Protocol stack. 2.0+EDR/Class1 を完全サポート。 UI は一部設定画面を除いて Windows のシェルエクステンションとして動作するので、エクスプローラーを操作するように扱えるのが特徴

  • Toshiba
    日本市場で販売されている Dongle によく採用されている。海外でも Dynabook や Dell に OEM 供給している影響かよく見かける。 この Protocol stack は色々と問題があるようです

    • インストール場所をユーザーが指定できない
    • デスクトップに勝手にディレクトリを作成し、そこにドライバ/ユーティリティのコピーを置く
    • UI が酷く、使い勝手が悪い
    • (バージョンによって)何故か、接続するヘッドセットを SCMS-T 対応機器に限定している

  • BlueSoleil
    日本でも海外でもよく見かける Protocol stack. UI はバージョンによって、WIDCOMM の様なシェルエクステンションタイプと 独自のモノがあるが、良くもなく、悪くもないが、肝心の Protocol stack としての性能は前述の 2者に劣る。 特にオーディオ関係のプロファイル(A2DP/AVRCP/HFP/HSP など) がことごとく弱いのが特徴。また、バージョンアップに 唯一有償としているのもこの Protocol stack の特徴

と、いった感じで実際に色々と調べながら使って見た印象などを述べて見ましたが、ハッキリ言って WIDOCMM 以外まともなモノが なかったのは驚き。特に Toshiba の接続対象のヘッドセットを SCMS-T 対応機器に縛っているという、訳の解らん仕様には絶句。 BlueSoleil のバージョンアップが有償というのにも絶句。バージョンアップしたからといって、 今までまともに使えなかったプロファイルが動くようになる訳でもないという話も海外のフォーラムや掲示板を見るとよく見ます

残念ながら、まともに使いたかったら WIDCOMM Protocol stack が採用されている製品を購入するのが一番無難な様です。 ですが、日本市場で販売されている製品にはほとんど採用されておらず、入手は困難です

Bluetoothno commentsno trackbacks(5,148)
SONY DR-BT25NX (ブラック) 買いました
 主に携帯電話(言わずもがな SoftBank 912T) で使用する為に購入。使用目的は主に音楽。と、通話、ワンセグかな。最初は SoftBank 純正の ZTBAC1 にしようと決めてたんですが、Web や 掲示板などで情報を集めてるうちに DR-BT25NX になりました。一番の決め手は、持ち時間ですね。あと、ネックストラップ…Bluetooth、持ち時間、ネックストラップとなるともう選択肢はないんだけどね…
Bluetoothプロファイルコーデックコンテンツ 保護充電 時間連続 通信 時間連続 待ち受け 時間イヤホン 交換

DR-BT25NX2.0 Class2A2DP AVRCP HFP HSPSBC MP3SCMS-T約3時間最大11時間最大100時間不可
ZTBAC12.0 Class2A2DP AVRCP HFP HSPSBC MP3SCMS-T約2時間最大6時間最大40時間
 DR-BT25NX はネックストラップタイプなので、イヤホンを交換できませんが、ZTBAC1 は交換できます。難点を言えば、ネックストラップ部分が若干短い気がします。ヘヤスタイルによっては首にかけにくい場合がありますね。その場合でも左側の連結部を一旦外して取り付けるという方法があります。もうすこし、ネックストラップ部分のコードを長くして、さらに長さ調整ができれば言う事なしなんですがね…
SONY DR-BT25NX B SONY DR-BT25NX B 充電中 SONY DR-BT25NX B 本体正面 SONY DR-BT25NX B 本体裏面 SONY DR-BT25NX B 厚さと大きさ比較 その1 SONY DR-BT25NX B 厚さと大きさ比較 その2
Bluetoothno commentsno trackbacks(5,124)
contents
most viewed (757446)
categories
archives
recent posts
recent updates
recent comments
  • muffa : Need for Speed SHIFT 2 UNLEASHED: Car Skin: BMW Z4 GT3 Racing HATSUNE MIKU Packs : 2013年04月11日(木)
  • كاميرات مراقبة جملة : Win Toolkit 使ってみた : 2013年09月21日(土)
  • brico : Need for Speed SHIFT 2 UNLEASHED: Car Skin: BMW Z4 GT3 Racing HATSUNE MIKU Packs : 2013年04月11日(木)
  • Alphaziel : PLEX PX-Q3PE (Spinel + BonCasLink + TVTest + TvRock) での録画PC 構築設定メモ : 2014年09月24日(水)
  • 泣き虫 : PLEX PX-Q3PE (Spinel + BonCasLink + TVTest + TvRock) での録画PC 構築設定メモ : 2014年09月24日(水)
recent trackbacks
mobile
qrcode:home
profile
曇り札幌市中央区 ‘ 曇り
気温: 10℃ ‘ 湿度: 66%
recommends
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS X.X
RSS 2.0 RSS 0.92
RDF/RSS ATOM
get Firefox 2 get Opera
ie